森の木へようこそ   
ごあいさつ
Copyright(C)2014 森の木 All Rights Reserved. 2013.9.1. OPEN
※クリックすると森の木の推薦するリンク先(ページ)へ移動します

new


2014.1.30 リンクをUPしました。

リンク



人類が、人間として此の地球で暮らし始めて、700万年と言う長い年月が経過している。

其の長い年月で、人間は類人猿とは異なる生き方をして、文化文明を築き上げて来た。

其の結果として、肉体的には楽に成って来たが、精神的なゆとりを失って来ている。

其れは、人間が「幸せに暮らせる」とは、どう言う事であるかの課題を与えられていると言う事であろう。

人類の暮らしは、生活に必要な諸条件が良くなっても、環境が悪く成れば本も子も無いのである。

其の事の為に、誰かが「人間の幸福とは何か」と言う事を真剣に考えなければ成らない。

70億に達した人間は、古代社会とは異なり、

地域に拠って様々の生き方する様に成り、先進国では人類が滅亡しかねない程の核弾頭を準備し、

人間の手に負えない廃棄物が出る原発を増やし続けている。

其れ等の事柄は、人類に不安と恐怖を与え、心から平安な暮らしを送れる状態ではない。

其れ等の事は、全ての人間が知っている既成事実である。

だが、其れ等の悪条件は改善されるどころか、日増しに悪く成っているのである。

其れ等の条件・流れを、どの様に改善して行くかが、「森の木」のテーマである。

私は、世界自然遺産に登録された屋久島で生まれ育ち、

38歳から屋久島を出て、其れ等の問題に取り組んで来た。

其れから、既に28年が経過している。

其の間に学んだ事、理解した事などを、是から纏めて行きたいと考えている。


平成25年10月1日

森の木の姉妹サイト

ごあいさつ

プロローグ

Mail

人物紹介

言葉の森


まんじゅしゃげ 人と仲良く 赤い花


 
日本人の知恵は 水田の土手や川の堤に植えられた

毒の草を モグラ除けとして増やして来て

黄金の色と赤い花を 日本の故郷の景色と成しました

自然と共生する生き方の方法論は

我々の年代に 掛かっている様に想います